コロナウイルス陽性で自殺した人に思うこと。隔離はメンタル悪化するし周りの理解が欲しい

コロナウイルス感染体験談
コロナウイルス感染体験談
スポンサーリンク

コロナウイルスに感染し、自殺してしまった女性のニュースが出ました。

先日、「コロナウイルスに感染し、自殺してしまった女性」のニュースがSNSで話題になっていました。

 

その女性は、「職場で自分がコロナウイルスを広めてしまったかもしれない」と気に病み、自殺を選んでしまったようです。

 

昨年コロナウイルスにかかった身内を持つ私には、他人事には思えませんでした。

 

何となくわかる気がするんですよね…。

いきなり隔離されて、メンタルがどん底になる感じ。

 

そんな体験談です。

 

コロナウイルスへの差別

まず「コロナウイルスの差別」って何だと思われる方に。

私の地元であった、コロナウイルスの差別の話を先に書きます。

 

私の地元(田舎)では結構早い段階でコロナウイルスの感染者が出ました。

まだ感染者が少なく、「コロナウイルス」という未知のウイルスをみんな怖がっていた頃。

あの、一番最初の「緊急事態宣言」の頃ですね。

地域のニュースで何度もその感染者の話をやっていました。

 

当然、噂になりました。田舎なので、「どこの誰」という噂が回るのは早いです。

田舎なので老人が多い町。

「老人の多い町に、老人に危険なウイルスを持ち込んだ」とひそひそ噂をされることになりました。

田舎という閉鎖的な場所が、悪い方向に働いた感じです。

その人の職場もお客さんが少なくなりました。

 

結果、その感染者の家庭は一家離散したとの噂です。

隣の市に住んでいる友人の所まで「〇〇に住んでて〇〇で働いているの〇〇さん」みたいな感じで感染者の情報が回ってきたそう。

田舎ってこわい。

 

好きでコロナウイルスにかかろうと思う人なんていないと思いますが、

わざとじゃなくてもコロナウイルスにかかっただけで差別や噂の対象になります。

 

ただでさえ未知のウイルスで自分の身体が心配なのに、それに加えて周りの偏見もある。

コロナウイルスって怖いんです。

 

スポンサーリンク

去年コロナウイルス濃厚接触者になった私にとっても、自殺は決して他人事ではない

私自身、両親にコロナウイルスを感染させてしまったかもしれないという罪悪感で苦しんだ

私や、私の家族にも決してそれは他人事ではありません。

 

私の両親は去年コロナウイルスに感染しました。

前もブログで書いた話ですが、私と子供たちは濃厚接触を誰かとはしておらず、「まさかコロナウイルスではないだろう」と思っていたまま里帰りしました。

里帰りしたのは気の緩みです。旦那が夜遅くまで仕事だし、コロナウイルスで出かけられないしで、私1人で幼稚園児1人と未就園児2人の3兄弟を家で引きこもって見る生活に疲れてしまったんです。なので息抜きがしたくて里帰りを決めました。

外にあまり出ていなくて公園すらいってなかったし、買い物も私1人で平日夜の空いた時間帯に行って、土日のおでかけやイベントにも行かず。旦那は自転車出勤で飲み会も一切なし。私も旦那も友達とも一度も会っていませんでした。

ちょっと気になるのは子供の幼稚園位だけど、幼稚園には他の感染者は出ていないし「まさか自分がコロナウイルスではないだろう」と思っていました。

体調が悪かったら里帰りもしないので、里帰り当日は何の体調不良もなし。

ですが、里帰りしてから私と子供に「鼻水」「喉の痛み」の風邪症状が出だしたんですね。

 

その後、里帰り中に母にも「鼻水」「喉の痛み」が出ました。

そして母は高熱と咳も出るようになり、検査した結果「コロナウイルス陽性」。

 

私も濃厚接触者となったのでPCR検査を受けましたが、陰性でした。

なので私たちが両親にコロナウイルスを伝染したのかはわかりません。

だけど、先に同じような症状が出ていた私たちが、両親に伝染した可能性は高いと思っています。

(私たちは鼻水の症状が出てから約2週間後の検査だったので、時間が立ちすぎてPCRが陰性になっただけなんじゃないかと思っています。)

 

決して両親は「私たちのせいで」とは言っていません。

ですが、私はめちゃくちゃ怖かったです。私や子供はまだ若いし持病もないから何もなかった。

だけど両親は高齢で持病もあります。

 

自分のせいで両親が死んでしまうかもしれない。

 

幸い両親は生きて無事帰ってきました。

でももし両親に何かあったら私は自分を責めていました。それこそ自殺していたかもしれないと思います。

 

コロナウイルスに感染したことを謝る両親

もう一つ、心が痛かったこと。

私の両親は、コロナウイルスに感染して、地域の人に「コロナに感染して申し訳ない」と謝っていました。

父は、私が帰宅した後に地域の仕事(集金)で同じ地区の人に会っていたためです。

 

陽性になったら、発症する2日前~会った人を保健所に申告する必要があります。

「濃厚接触者」としてその人に検査して貰う必要があるからです。

勿論コロナウイルスのプライバシーは守られます。「誰から」と言った情報などは秘密にされるようです。

 

ですが、我が家は田舎なので当然噂になります。最初に書いた人のこともそうですが。

例え田舎じゃなくても、職場や幼稚園も同じだと思います。「誰がコロナウイルスになった」と犯人捜しまでは行かなくても、他の人が休んでる様子から「〇〇さんが休んでいたから〇〇さんがコロナウイルスだったんじゃないかな」と考えてしまう・わかってしまいます。

 

もし自分がこのコロナウイルスという未知のウイルスを伝染してしまっていたら…。

そして、万一命の危険に晒してしまったら。

 

…謝ることしかできません。

 

コロナウイルスになると謝らないといけない。

かかりたくてかかった訳ではないのに。

 

両親も心が痛かったと思います。

 

そして、やはりある偏見

じゃあその人がコロナウイルスを持ち込んだとして。

その人のことをどう思いますか?

 

「この緊急事態宣言で自粛してなかった人」と思ってしまう人がいるようです。

「あの人のせいで働けなくなった」「あの人のせいで幼稚園が休みになった」と思ってしまうかもしれません。

実際は自粛しててもかかる物はかかる!と身をもってわかっているはずの私ですら、「人混みにでも行ったのかな」という第一印象を持ってしまうかもしれません。

何でだろう…。「自粛していない人」のニュースやSNSを見るからかな。

 

私自身、好きなことや遊びも友達と会うのも我慢して、こんなに気を付けていたのに結局コロナウイルスの濃厚接触者になってしまいました。

周りから見たら、自粛もせず遊び歩いているように見えるのかなって思っています。ちょっと悔しいです。

 

スポンサーリンク

隔離における心理的なストレスもある

そして、コロナウイルスの場合は「隔離の心理的なストレス」もあると思います。

 

コロナウイルスになると、急に誰にも会えなくなります。どこにも行けなくなります。

病院の先生は自分に会う時に防護服を着ます。

 

ウイルスなので仕方ないと頭ではわかっているんですが。

何となく、自分がものすごく汚い物になったような…。

陰性で、濃厚接触者だった私でさえそんな感情になりました。

 

それに加えて、陽性や濃厚接触者はホテルや病院、家で隔離されることになります。

狭い病室やホテルで1人で、誰とも会話も出来ずに過ごすことってとてもメンタルに来ると思うんです。

私の場合は家族もいましたが、それでも同じです。例え家族でも24時間密室で顔を突き合わせているのはなかなかキツイ。

 

上に書いたような、「自分が誰かに感染させてしまったかもしれない」と気持ちがナイーブになっている所に加えて、この隔離。

思考が後ろ向きになってしまうのも仕方ないのかもしれません。

 

我が家も濃厚接触者になって数日外に出られませんでしたが、元気な子供と外に出れない・引きこもり生活はとてもつらかったです。

 

スポンサーリンク

どうすればいいのかはわからないけど、死なないで欲しい。

今のご時世、どうあっても難しいと思います。

私の家族は鼻水+喉の痛みからだったので、同じように鼻水程度だったから出勤した→後程コロナウイルス判明というのも考えられます。

鼻水が出たら休めるような仕事だったら良かったんですけどね。

このご時世だからといって「鼻水だから休みます」なんて出来る会社なんて稀だと思います。

もし休めても、その分休まなかった人にしわ寄せがいって、迷惑をかけるかもしれない。

休めば自分自身の生活だって苦しくなる。

そんな中で気軽に休むなんて出来ないです。

 

そんな中でもしコロナウイルスの陽性になってしまったら。

真面目な人ほど悩んじゃうんだろうなあ…。

 

隔離されてる時って本当に気持ちが辛いし、死にたくなってしまう気持ちはわかる気がする。

 

だけど、自分で命を絶ってしまうのは絶対だめ。

 

隔離されている時は気持ちも参りがちだけど、コロナウイルス陽性になってしまった人は

「堂々と仕事を休んでゆっくり出来るわ」

くらい開き直ってゆっくりして欲しいと思います。

普段忙しくてできなかったゲームとか、ごろごろとかして。

 

私の両親はコロナウイルス陽性だったし、私も濃厚接触者として自粛生活をしていましたが、ちゃんと元の生活に戻れています。

両親は高齢で持病もありましたが、後遺症もありません。

たった2週間我慢したら、元の生活に戻れます。

 

こういう人にこそ「コロナウイルスなんてただの風邪」だと思って欲しい。

誰もがかかる可能性があるし、かかったからって何も悪くない。

 

あまり気に病まないで、ゆっくり休んでください。

 

まだコロナウイルスにかかっていない人は、コロナウイルス陽性者が決してみんな自粛せずに自由に遊んでいてコロナウイルスを貰ってきた訳ではないこと。

コロナウイルスにかかるということは、未知の病気との戦いと強制的な外出禁止でメンタルが大変辛いということを理解して貰えると嬉しいなと思いました。

 

何だか、うまく話がまとまらないけれど。

とりあえず今の気持ちでした。

とりあえず、自殺はだめ。

 

タイトルとURLをコピーしました