里帰りで両親がコロナウイルスの陽性になり、私と子供が濃厚接触者になりました。

コロナウイルス感染体験談
コロナウイルス感染体験談
スポンサーリンク

両親がコロナウイルスに感染して、濃厚接触者になりました。

本当はお正月の前に書きたかった話。

だけど、まだコロナに対する差別や風評被害も多くて、自分が書いていいのか悩みました。

反響によっては削除するかもしれないけれど、身近でコロナウイルス陽性者が出て自分が濃厚接触者となった体験談を書きます。

 

 

私の両親に、コロナウイルスの陽性反応が出ました。

私たち家族と会った直後に、判明した物です。

 

私と実家のこと

私は、実家によく帰っています。

普段は月1位のペースで帰っていましたが、このコロナ禍になって以来、実家には全然帰っていませんでした。このように接触しないように頑張っていたんだけれど。

秋と冬に1回ずつ、2回実家に帰ってしまいました。

 

これは、私の完全な危機感の欠如です。

「まさかコロナウイルスになんてなってないだろう」

「どうしても両親に会いたい」

という気持ちで、帰省してしまいました。

 

我が家の感染対策

先に一応我が家の感染対策のことを書いておきます。

我が家はそれなりに感染者の出ている地域です。

 

私は無職で、外出は幼稚園の送迎と買い物のみ。

旦那の休日が平日なのと、お互い人混みが嫌いなので人混みや土日はでかけない。

買い物は私1人で。

 

子供は幼稚園のみ、密対策有り。(幼児なので100%は難しいと思いますが)それ以外はほとんどでかけていない。(買い物は旦那と留守番)

旦那も仕事はありますが、このご時世なので密の対策はあり。自転車通勤なので通勤で密になることはありません。

 

感染接触アプリも入れていますが、接触は確認されていません。

旦那も私も、このコロナ禍で1度も飲み会に出たり、友達に会ったり、公共交通機関も利用していません。

家族ででかけたことはありますが、混雑しているような場所には行っていません。土日の人が多い日にも出かけていません。

 

実両親も同じで、外出は買い物位でした。

両親は無職なので、更に外出する機会はありません。

 

それでも、どこからかコロナウイルスを貰ってきていたようです。

 

里帰りの感染対策

また、帰省にあたり家族全員の健康はチェックしていました。

子供が朝晩の体温計測必須だったので(幼稚園の関係上)毎日体温計測をしていましたが、体温が36度代からあがったことはありませんんでした。

私や他の子供は計測していませんが、毎日触っていますが熱があると感じた日はありません。

 

帰省の移動手段は車です。

子供たちの昼寝時間に合わせて約2時間の移動。

途中にトイレ休憩は挟んでおらず、途中下車もしていません。

 

実家は田舎で庭や畑もあり、そこで遊んでいたので実家付近で外出もしていません。

親戚など、両親以外の人には誰にも会っていません。

 

実家には3泊し、一緒に寝起きし、一緒に遊び、一緒にご飯を食べ、一緒の部屋で過ごすことも多くありました。

冬場なので寒くて締め切っていることが多く、換気が十分だったとは言えないと思います。

 

スポンサーリンク

コロナウイルス陽性が判明した両親と、濃厚接触者になった私たち

両親のコロナウイルス陽性が判明

実家に泊まり、私が実家から家に帰ろうとした時、母がいいました。

「何だか喉が痛い。」

実家は田舎で寒く、私たちも実家に帰ってからは鼻水が出たり、私も頭がぽ~っとすることがあったので(熱はなかった)、「寒いから風邪ひいたかもね~」なんて言いながら別れました。

 

そしてその2日後。

母に、熱が出ました。

 

最初は37.8度だったかな。そして次の日には38度まで上がりましたが、体温は2日程で落ち着きました。

ですがその後から、母は咳が止まらなくなったそうです。

(電話しましたが、声がかわる位激しい咳をしていました。)

 

それを看病していた父も、母から遅れること数日、同じく発熱しました。

父も熱自体はすぐ下がりましたが、同じように解熱後咳が出ます。

その咳がどうもおさまらず、病院に行ったのが母の最初の発熱から約9日後でした。

 

父は持病があり、行きつけの病院があったのでそこに連絡。

熱のある患者は万一のために車待機で、病院の外での診察・検査になります。

 

「今まで何人も検査してますが、陽性は出たことないですよ~」

と軽い感じでの検査だったらしいんですが…。

検査後30分位で、軽い感じだったお医者さんから一転真面目なトーンで「陽性でした」との連絡があったそうです。

 

そこからは慌ただしく。

(私にコロナ陽性だったと最初の連絡があったのはこの時点です。)

両親と保険所とやり取りの結果、

父は高齢で持病があり、悪化したら大変なので病院に入院。

母はホテル静養が決まり、ホテルへの入所となりました。

 

濃厚接触者となった私たちと、苦悩

コロナウイルスは、発症より2日前に会った人からが「濃厚接触者」となります。

(※ただ会うだけではなく、一定の接触があった場合に濃厚接触者となる)

母の発熱の2日前に会い、実家に宿泊している私たちは、「濃厚接触者」となりました。

 

ここから私たちも、保健所とやり取りしてPCR検査を受け、自粛生活を送ることになります。

先に書きますが、私たち家族はPCR検査の結果は全員陰性。濃厚接触者の定義として、「陰性だった場合は、陽性者との最終接触した翌日から2週間の自宅待機」なので、実際に自宅待機をするのは数日間でした。(最後に会ったのが10日以上前だったので)

今はその自宅待機期間を終え、既に普通の生活に戻っています。

 

この両親のコロナウイルス陽性騒動。

先に判明したのが両親だったので、私たちは「両親からの濃厚接触者」なのですが。

私たちが無症状で感染していて、ウイルスを感染させてしまった可能性もあります。

 

勿論父と母が実家付近で貰ってきた可能性もあると思います。

ですが、やっぱり両親の住む場所は田舎なので感染者も少なく。(0ではなかった)

両親は、周りに他にコロナウイルス陽性の人が誰もいなかった「感染経路不明」のコロナ感染です。

 

幼稚園や仕事に通う身内がいる私たち。それも最近感染者の増えている地域に住んでいる。

両親が私たちから伝染されたんじゃないかと思うのは当然です。

(私たちは陰性でしたが、無症状で感染していたけれど、検査時には完治して陰性になっていただけの可能性もあります)

 

因みに、私たちの周りにも他に感染者はいません。

旦那の職場・子供の幼稚園でもクラスターが発生したり、他に陽性者が出てはいません。

勿論、両親の周りでも陽性者はいません。

それでも両親は、コロナウイルス陽性でした。

 

一番怖かったのは、やはり両親の重症化

父と母がコロナウイルスに感染したことで、1番怖かったのはやはり重症化

上で母が熱が出て大分たってから(約10日)病院にかかったことを書きましたが、何故こんなに遅くいったのかというと、これも重症化が怖かったからです。

コロナウイルスは、1週間程風邪症状が続いてそれ以降急に悪化するという話をどこかで見ました。

もしそうなったら怖いので、もう治りかけているようですが一応病院に行くことにしたようです。

急変しました→でもコロナかもしれない→コロナの可能性があるとなると、搬送先がない

なんてことは避けたかったので。

 

若い人はコロナにかかっても無症状だったり、あまり症状が出ないというのはよく言われています。

ですが、両親は高齢です。持病もあります。

私はつい両親が高齢だということを忘れて、今までのように甘えてしまっていました。

 

志村けんさんがコロナウイルスで亡くなった時、「コロナウイルスなのでお見舞いも出来ず、火葬にも出来ず、次に会った時は骨だった」という話を聞きました、

私の両親もそうなる可能性がある訳です。

 

心配だけど、何も出来ない

 

もしかしたら自分が持って帰ったコロナウイルスで両親が死んでしまうかもしれない

もう2度と会えないかもしれない…。

両親のコロナウイルウス陽性を聞いてからは、これが本当に辛かった。

自分が「実家に帰りたい~」と気軽に思ったばっかりに、こうなってしまったのかもしれない。

 

そして、親の感染がわかっても自分には何も出来ません。

お見舞いにも行けません。何かを差し入れすることもできません。

 

ただ、連絡のない両親が今大丈夫なのか、遠くで考えるしか出来なかったです。

 

自分自身も濃厚接触者で不安がある

 

父と母の感染が判明して以来、自分も濃厚接者なので検査を受けるまでは慌ただしく、ばたばたしていました。

(保健所との連絡をとっていたんですが、保健所も混乱しているのか連携が出来ておらず、何回も事情を説明したり同じ連絡が何度もきたり、大変そうでした)、

もしコロナウイルスに感染していたら、今は症状がないけれど急に悪化するかもしれない。

家には1歳になったばかりの子供もいる。子供にはアレルギーがあるので、肺炎を起こしたらひどくなるかもしれない。

そんな風に自分たちの体のことも勿論心配でした。

 

ですが、コロナの場合はそれだけではないんです。

自分の健康のことだけじゃなくて、周りへの影響・風評被害に対する不安もあります。

 

コロナの風評被害と周りへの影響

 

「コロナが発生したお店には行かない」

こういう人はやはり多いですよね。

 

それと同じような目が、感染者や濃厚接触者に向けられます。

 

私の実家の町で第一号でコロナ感染した人の家族は、周りからの冷たい一家離散したという噂まであります。

「何でこんな老人ばかりの町(田舎)にコロナを持ち込んだんだ」という差別的な目で見られたことが理由です。

 

うちの両親も、地域の知り合いに謝罪の電話をかけていました。

田舎なので、誰かがコロナウイルスにかかるとあっという間に噂が広まります。

 

好きでコロナウイルス陽性になった訳ではないのに、陽性になってしまったことで皆に迷惑をかけてしまったと、色々な方面に謝罪電話。。

 

両親が陽性と判明するまでに10日程あったので、それまでの間に私は普通に外出(買い物)もしていました。勿論旦那も普通に出勤していました。当然人混みには行ってなかったし、両親以外に濃厚接触をした相手もいません。

両親が誰に貰ったかわからないように、もし私が陽性ならば私自身が誰かにウイルスを伝染しているのかもしれない。

体調のことだけじゃなくて、周りへの申し訳なさとか、他の不安もいっぱいありました。

 

そして、自分が濃厚接触者になり、これから周りに避けられていくのかなあとちょっとした不安もあります。

私は専業主婦だし特に問題ないんですが、子供が…。幼稚園で変に噂が広まってしまったらどうしようとか。

勿論保険所で秘密は厳守されますが、幼稚園児なんて何でも喋りますもん。「(PCR)検査うけた!」とずっと言ってましたから。うちの子供。

 

PCR検査で陰性が出て、自宅待機から解除まで

 

濃厚接触者になると、PCR検査を受けることになります。

 

このPCR検査がこれまた大変で、すぐ受けるには病院に行かなきゃいけない。でも検査してくれる病院はなかなかないし、すぐ受けられる所は高額の診察費用がかかる。

(病院で受ける場合、PCR検査の費用は無料だけど、初診の費用と診察費が高額になるとのことでした)

全て無料のPCR検査は回数が少なく、最短3日待ち。

上にも書いたけれど、混乱しているからか、保健所との電話は連携が取れておらず、何回も同じことを説明しなくはならなかったり。

我が家は旦那の仕事の兼ね合いで、お金を払って早めに検査する方を選びました。

因みに最初に提示された病院は、1人1万。5人で5万でした。仕事を増やして申し訳ないですが、我が家は時間がかかってももう少し安く調べられる病院を探して貰いました。

 

そしてやっと決まったPCR検査の日。

親のことと自分のことで、ごちゃごちゃした気持ちのままPCR検査を受けました。

 

車待機で、病院の外の簡易のプレハブみたいな部屋で検診、外で検査を受けます。

 

無事PCR検査を受け、上にも書いた通り我が家は全員陰性。ひとまずはほっとしました。重い荷物がおろせた感じ。

ですが濃厚接触者であることに変わりはないので、最終接触日の翌日から2週間の自宅待機となりました。

 

たまたま前日に買い物に行っていたので食材がありましたが、いつもあまり冷蔵庫に食材が入っていないので、買い物に行く前の日だったら本当に困ったことになっていたと思います。

(それ以来、インスタント麺などを常にストックするようにしています。)

 

濃厚接触者と診断されるまでは、タイムラグがある

 

因みにこの「濃厚接触者」、陽性になった方の行動を調べた後、保健所から連絡がきます。

ですが、これにはタイムラグがあります。

 

私の場合、本人から「陽性になった」と連絡がきたため自分から保健所に連絡し、早めの対処が出来ました。

これが他人の場合は本人の行動の確認と濃厚接触者の確認が終わってしらばくたった後に保健所からある日いきなり「濃厚接触者になりました」と連絡がかかってきます。

我が家にこの連絡がきたのは、両親が陽性と判明された3日後でした。

(もう既に連絡を取り、PCR検査まで終わっていたのにこんな連絡が来る辺り、保健所の連携のとれていない&混乱した様子を感じます)

この小さな時間のズレが、どんどん無症状の感染者を自由にさせている理由でもあると思います。

 

 

スポンサーリンク

その後の話

親も無事退院しました。

親が陽性と判断された時点で既に最終接触日から10日程たっていたので、我が家の実際の自宅待機時間は数日間でした。

 

入院していた父と、ホテルで療養していた母は、特に症状が悪化することもなく、隔離期間である「発症から10日」を無事すぎたので退院してきました。

退院直後はまだ咳が少し残っていたり、声もおかしかったりしましたが(毎日電話してました)、それから1週間ほどで体調も完治したようです。

父も母も無事退院してこれて本当によかった。。

 

まだ何もわからない病気なので、後はこれから酷い後遺症が出ないことを祈るばかりです。

 

最後に

今回は幸いにも私の両親は軽傷で済み、今は完治して療養先・病院を退院しています。

私たち家族も陰性で、今は普通の生活に戻っています。

そのためこうやってこの文章をかくことが出来ています。

 

でももし両親に何かあったら、私は自分自身を許せなかったと思うし、普通の生活に戻っている自信はありません。

何かあってからでは本当に遅い。。

 

もし症状が何も出なくても、「無症状なだけ」もあり得ます。

帰省して、大事な人にコロナウイルスを伝染させないように。

私のような馬鹿なことはしないように、皆様本当に気を付けてください。

大事な人とは、今は会わないでください。

 

…というのを年末年始前に書きたかったんですが、勇気が出なくて今になりました。

文章が長くなりすぎて、いまいち何が言いたいのか、自分でもうまくまとめきれてないですが。

私の経験が、何かを考えるきっかけになったら嬉しいです。

 

タイトルとURLをコピーしました