里帰りで高齢の親にコロナウイルスを感染させたかもしれない。里帰りは危険!

コロナウイルス感染体験談
コロナウイルス感染体験談
スポンサーリンク

今、里帰りは我慢の時期です

何回も書いている話だけど。

私の一番伝えたいこと。

「里帰りはやめよう」

ということ。

 

連休や土日に「実家に帰る」とSNSに書いている人を見る度に強く思います。

里帰りをして、大切な人に何かあってもいいんですか?

 

それをもう一度考えて欲しいので、

この体験談を書きます。

 

前に書いた体験談ブログと被る所がありますが…。

 

スポンサーリンク

私が里帰りした後、親がコロナウイルス陽性になりました。

我が家は私が里帰りで実家に泊まった後、親がコロナウイルス陽性になりました。

 

これは、完全に私の気の緩みです。

「土日は外に出ない」「人の多い場所にはいかない」「買い物も人が少ない時間帯」「子どもは幼稚園以外でほどんど外出しない」「旦那は自転車通勤」「職場でも感染対策がある」生活をしていた私。友達にも会ったりしていないし、感染経路になりそうなのは子供の幼稚園位。だけど子供の幼稚園は特に感染者など出ていない。なので大丈夫だろう、と。

電車などの公共交通機関で職場に通わないといけない人や、土日の混んでいる時にしか出かけられない人に比べると(コロナ対策としては)恵まれていたと思います。

勿論帰省時は自分も子供も風邪などの症状はなく、元気だったので泊まりに行きました。

 

ですが、実家に帰った日の夜に急に鼻水が出るようになりました。

実家が寒かったのと、当時は「コロナウイルスに鼻水は殆ど出ない」というのがどこのサイトにも書いてあったので、「冷えちゃったのかな」「まさかコロナウイルスでは無いだろう」と思っていました。

 

私・子供は鼻水だけで、それ以外の高熱・咳などの症状はなかったのですが(鼻水が出すぎて鼻呼吸が出来ず、口呼吸をしていたので喉が乾燥して痛かった位)、

両親は鼻水→高熱→咳と症状が出て、そのままコロナウイルス陽性と判明しました。

尚、母に鼻水の症状が出始める3日前からは私たちと家で過ごしていました。どこにも外出していません。(両親は定年退職しており、元々家の畑+買い物位しか外出しない)

 

なので、私たちも感染していた&先に症状の出ていた私たちが親に感染させてしまったことは十分に考えられます。

止まらない程の大量の鼻水が出たのは、私も親も共通した症状だったので。(こんなに沢山の鼻水が出たのは、私も母も初めてでした)

 

ただ、私と子供はその後のPCR検査(症状はなかったけれど、陽性の親の濃厚接触者だったのでPCR検査を受けた)では陰性でした。

ですが、陽性と出る時期が過ぎていただけのような気もしています。

 

私の両親は熱が出てもすぐ病院には行かず、自宅で静養していました。

普段なら熱や風邪位で病院には行かないので。

それが父にも同じ症状が出て、持病持ちで高齢の父なので何かあっては困ると少し症状が落ち着いてから受診。(高熱が出ている最中に行きつけの病院(車で40分)まで運転して行けなかったので、少したってからの受診になりました)

なのでPCR検査を受けたのは、母の最初の症状から10日近く経っていた頃です。

私がPCR検査を受けた時点で、私に鼻水と喉の痛みが出てからは2週間程経過していました。なので私は既に陰性になっていて、PCR検査でも陰性が出ただけの可能性があります。

 

そんな訳で、私が陽性(無症状)で帰省して両親にコロナウイルスを感染させてしまった可能性は残っているのです。

尚、里帰り後はこのご時世なので外出はしておらず、ずっと実家で両親と遊んでいました。実家は感染がほとんど確認されていない地域なのもあり、実家で感染した可能性はないと思っています。

(帰省は車&途中休憩無しだったので、帰省の途中で感染した可能性もない筈です)

なのでやはり私たちが持って帰ったウイルスを感染させてしまった可能性が高いんじゃないかなあ、と。

 

今回私たちは、症状がない状態だったからまさかコロナに感染していると思っていませんでした。

(※私自身陰性だったので必ず私から感染させたとは限らないんですが)

PCR検査で陰性だったから大丈夫!というのも確実ではなく、PCR検査で陽性が出る期間って意外と短いらしいです。

 

まあコロナウイルスに感染しても、私や子供はまだ若いんで、重症化する可能性は低いです。

でも両親は別。

我が家の場合は父が65歳以上で、重症化が危惧される「高齢」でした。しかも父の場合は持病もありました。

 

そんな高齢でコロナウイルスに感染すると命の危険があるとわかっているのに、

「自分たちのせいで」コロナウイルスに感染させてしまったかもしれないなんてことがわかった時の後悔は本当に半端ないですよ。

 

自分たちは若いから症状も後遺症もなくても、

「高齢の親は悪化してそのまま帰らぬ人となってしまい、ウイルスなので死に目にも会えず、帰ってきた時は既に骨になって骨壺の中」

という可能性だってあるんです。

実際、私も両親がコロナウイルスになって同じような方を調べていた結果、こういう体験をした方が出てきました。

 

もしそんなことがあったら、自分を責めずに生きていけますか?

 

実家に泊まりに行く前、私は育児でぼろぼろでした。

コロナ禍で0歳だった3人目と、幼稚園が休みになった一番上。イヤイヤ期で扱い辛い真ん中。

旦那は仕事の都合上あまり家にいない。

公園に遊びに行くことも出来ず、子ども3人とずっと家に引きこもっていました。

それが辛くて辛くて。親に甘えてしまいました。

 

だけど、それで親がもし亡くなってしまったりしたら。

後悔してもしきれなかったと思います。

こんなことで甘えるんじゃなかった。(いや、当時は「こんなこと」といえない位辛かったんだけど…)

両親が無事生きている今でも後悔しています。

 

尚、今は私の両親は今はコロナの症状もなくなり、幸い後遺症もなく元気に過ごしています。

当時は病院の先生にも「死ぬと思った」と言われていました。

生きていてくれて、本当に良かった。

 

ただ、これは運がよかっただけです。

 

スポンサーリンク

大事な人を感染させないために。里帰りは止めよう

毎日のように「〇人感染、〇人死亡」というニュースが流れています。

コロナ禍が続き、悪い意味で「コロナ」に慣れてしまった人もいると思います。

だけど、まだコロナは怖い病気です。

 

私は、何も考えずに「自分なら大丈夫だろ~」という根拠のない自信で帰省し、親にコロナウイルスを感染させてしまった可能性があります。

 

私も両親も、人混みにも行かないし公共交通機関にも乗らず、友達にも会わずで密は避けていた生活。

それでも、私の両親はコロナウイルスに感染していました。

 

こんな生活でもコロナウイルスになるんです。

「自分に症状が出てないから親に会いに行っても大丈夫」と思われた方。

「密対策してるから大丈夫」と思われた方。

絶対大丈夫とは限りません。

 

私みたいな失敗をしないでください。

大事な人に何かあってからでは、遅いです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました