子供3人目を生んで後悔はない!産まない方が後悔していたと思う

┗家事
┗家事

 

「3人目」のことについて調べていたら、「後悔」というワードが検索結果の上位に挙がっていたのですが…。

私は3人目を生んで後悔は一切ないです。今日はそのことを書きたいだけのブログです。(笑)

 

スポンサーリンク

3人目を生んだことに後悔は一切ない

私、すっごく後ろ向きでよく後悔したり、しょっ中「あの時こうしておけばよかった」と考えて病むタイプなんですが、3人目を生んだことに対しては後悔は一切ないです。

たまに「一人っ子だったらこの子に時間もお金もかけてあげられたのに、ごめんね」という気持ちが出て来ることもあります。

だけど「産まなきゃよかった」と思うことはありません。

 

今、3番目の子供が生まれて1年半ほどが経ちました。

もう末っ子のいない生活は想像できません。

「上2人が2人兄弟だった時のこと」をたまに考えるのですが、もう「2人兄弟」というのが我が家ではしっくりこないようになってしまいました。

 

変わったことは沢山あるけれど、「産んで後悔」には結びつかない

3人目を生んでから、変わったことはあります。

私自身家事はあまり得意じゃなくて、大雑把過ぎて家事とか短時間で終わっちゃうタイプです。(細かい場所は気にならないタイプ)

だから元々家事に時間はかからなかったんですが…。

子どもが3人になってからは家事に時間がかかるようになりました。

 

経済的な不安も増えました。

「海外旅行」などの贅沢は出来ません。

将来のお金の対する不安もあります。

 

こういう風に、子どもが増えて生活が変わってしまったことに対する不安や大変になったことは沢山あります。

だけどそのどれもが「3人目を産むんじゃなかった」ということには結び付かないのです。

 

スポンサーリンク

産めるのは今だけ。「産まなくて後悔より産んで後悔」

私たちが結局3人目の出産を決めた、一番大きな理由が「産めるのは今だけ」ということと「産まなくて後悔より産んで後悔」でした。

 

人生で子供が持てる期間って限られています。たまに40代後半で出産!みたいな記事を見ますが、そんなのって稀だと思っています。

普通の人でも、歳を重ねるごとに妊娠しにくくなります。40代になって「やっぱり産んでおけばよかった」と思ってももう妊娠出来なかったり、高額の治療費をかけて高度不妊治療に手を出すことになったりします。

 

歳をとってからだと体力的・金銭的な問題もあります。

やんちゃな子供を追いかける体力も必要だし、40代になるまでに仕事で積み上げてきた物を休職するのも大きいなあと思うのです。

(我が家の場合は私が無職なので、なるべく早く産み終えて就職したいという気持ちもありました。)

 

「お金の問題はが何とかなる」。

だけど、「身体は今日が一番若い」。

後で取り返せない物を後悔する位なら、うんでおいて良かったです。

(もし産んでいなかったら、ずっと考えてしまっていたので)

 

たまに、「3人目がいなかったら」と考えることはある

ですが、やっぱりたまに「3人目がいなかったらどうなっていただろう」と考えてしまうことはあります。小さなきっかけで思うんですよね。

私が多いのは、お金のことを考えている時。

例えば、スーパーでお肉を買う時に1番安いお肉を買いながら「家族4人だったら同じ値段でこっちの少し高いお肉が買えたな」とか考えてしまうことがあります。

 

でも、「じゃあ3人目がいなかったら?」とは考えられないんですよね。3人目がいなかった時の生活はもう思い出せない位、私の子供はもう3人でしっくり来ています。

 

スポンサーリンク

3人目、産んで良かった

将来のこと、お金のこと。不安なことは沢山あります。

だけど我が家は3人目を産んで本当に良かった。

 

結局3人目を悩んでいる方に伝えたいことは、

「出産をするには明日よりも今日の自分が一番若いこと」

「お金は何とかなるかもしれないけれど、自分の身体の老化はお金では何ともならないこと」

「産むなら若い方がいいこと」。

 

3人目が欲しいのに、産まないと後で後悔します。

後悔した時にはもう遅いんです。

 

3人目を考えている方、是非前向きに考えてみてください。

 

春のののをフォローする
はるはれ子育て
タイトルとURLをコピーしました