引っ越しの見積り体験談。4人家族、20km、荷物4tトラック1台分で6万円でした

┗家
┗家
スポンサーリンク

5月のシーズンオフに引っ越しをしました。

我が家は5月に引っ越しをしました。

引っ越し屋さんの見積りや、実際引っ越しにかかった費用などをまとめてみました。

 

最初に、我が家の引っ越しの時の状況

最初に我が家の引っ越し時の状況です。

●4人家族(大人2人・子供2歳0歳)
●元の家は2DK(荷物4人分でそれなりに多め)→4LDK
●距離約20km(高速45分、下道1時間)
●旧居はエレベーター無しの3階
●新居は一戸建てですがリビングが2階(階段が狭く、冷蔵庫はベランダからの吊り作業での搬入になる)

★荷物の量は4tトラック1台分
★5月中旬の平日午後便
※春は引っ越しシーズンで混み合いますが、5月はGWと月末は忙しいもののその間の平日はそこまで忙しくはないよう。なるべく安く済ませたいので、繁忙期は避けて空いていると言われた日付を選びました。

 

スポンサーリンク

引っ越し会社に見積もりを依頼し、引っ越し会社を決めるまで

まずは見積りを取る

まずは引っ越し会社に見積りを…と思い、ネットで検索。

「引っ越し会社を一括見積り」みたいなサイトありますよね?

あれに簡単に引っ越し状況を入れたら、そこからもう営業電話の嵐。微妙な所から大手まで様々な所から営業電話が来ます。

住所とか名前とか入れなくていいし、と気軽に書いてしまったのが間違いでした。

いっぱい電話が来ると逆に選べなくて。結局、ネットで評判のいい所に自分から見積の申し込みをすることにしました。

 

大手とそれ以外の引っ越し会社の見積り

引っ越し会社の見積りは、家に引っ越し会社の人が来ないと何も始まりません。

荷物の量によって引っ越し料金が変わって来るので、プロに大体の荷物の量(大型物はいくつあるのか、〇tトラックに乗るのか等)を見て貰います。

私はとりあえず大手2件、地域で評判の良かった2件に見積りの予約を取りました。

 

ですが、私が引っ越しを決めたのが4月末。

GWは会社が忙しいのかお休みなのか、まず見積りの人とスケジュールが合いません。

(こっちはいつでも良かったのですが、引っ越し屋さんの方が忙しくてGW明けまで訪問不可能とかだったんですね。)

逆に大手の2件は、GW前でも即日(翌日とか)見積り訪問OKでした。

なので、引っ越しの見積もり予約も繁忙期の前後は避けることをおすすめします。

 

結局、GW前に大手の見積りを2件。GW開けに地域の会社の見積りを2件受けることになりました。

 

スポンサーリンク

実際の見積もりでわかったことと、引っ越しが安く出来る時期

引っ越しについて、こちらの条件は上に書いた通り。

●4人家族(大人2人・子供2歳0歳)
●元の家は2DK(荷物4人分でそれなりに多め)→4LDK
●距離約20km(高速45分、下道1時間)
●旧居はエレベーター無しの3階
●新居は一戸建てですがリビングが2階(階段が狭く、冷蔵庫はベランダからの吊り作業での搬入になる)

そして新たに見積りで分かったのが、

★我が家の荷物の量は4tトラック1台分

ということでした。

 

そして引っ越しの希望の曜日や日付は特になく、「いつでもいいので安く済ませられる日がいい」というのが我が家の希望でした。

そこでの言われたのが、

●月末より半ば。(月末に引っ越す人が多いため)
●休日より月~木の平日。(仕事が休みの土日に引っ越す人が多いため)
●午前便(朝一番)より午後便(朝の引っ越しが終わってからなので、何時になるかわからない)
●3~4月は避ける

が安いとのことでした。

 

我が家は旦那が引っ越しに合わせて仕事を休む予定なので平日でも大丈夫だし、新居の鍵はもうあるのでいつ引っ越ししても大丈夫だし、午前より午後の方が逆に都合が良いので全部OKしました。

 

私が思う平日のメリット

1日でする事は多くなりますが、平日だと「役所が空いている」のがメリットです。

引っ越しに伴う役所での手続きなど、細かい作業も1日で終わらせることが出来ます。

 

私が思う午後便のメリット

午後便だと、引っ越し会社の方々は1件目の仕事が終わってから来られます。なので何時からの引っ越しになるかわかりません。

それが不便なように感じますが…。

個人的には、朝時間が出来ると少し楽だな、と思います。子供やペットを預ける時間も出来るし、夜に使っていた寝具など、ぎりぎりまで使っていた荷物の箱詰めをする時間が出来るので。

ただ、距離によっては夜遅くなることは覚悟しておかないといけません…。

 

私が思う月の途中の引っ越しのメリット

退去時、前の家の家賃は途中で引っ越しても月末まで支払うことが多いです。そのため前の家の家賃はどちらにしろ丸々ひと月分払います。

そして、新居の家賃は日割りになることが多いです。日割りだと、月の始めに住もうとすれば新居の家賃が高くなってしまいます。

なので引っ越しを早くすればするほどひと月に2部屋分の家賃をほぼ全部払うことになってしまうのです。

そんな場合は、月末の引っ越しの方が良いかもしれません。

 

ですが、月末の引っ越し会社は混むので、少し料金が上がります。

それは、上で書いた理由+転勤で引っ越す人は仕事の関係上月末ぎりぎりに引っ越す人が多いことが理由。

なので新居の日割り家賃の額と、引っ越しの料金から引っ越し時期を考えるのもいいと思います。

 

私は今回マイホームへの引っ越しだったので、新居に日割りの家賃はかかりませんでした。

そのため、引っ越し料金が安くなる月の途中での引っ越しにしました。

月の途中の引っ越しだと、1度新居に引っ越した後、また改めて前の家に戻ってゆっくり掃除や各種手続きが出来るので、よかったです。

 

スポンサーリンク

引っ越し会社を決める

さてさて。上に書いた通り、大手から見積りに来ました。

 

1件目の見積もり

まず1件目の見積りが大手A。

ここの営業さん、何件か見積を頼んでいる&ここが1件目と知ると急に態度が変わってしまって。

1件目の見積りって、引っ越し会社的にはイヤなんだろうなって思います。引っ越し料金の基準になってしまうし、契約も取りにくいだろうし。

見積りの値段は、大体私たちがネットで見て「これくらいだろうなあ」と予想していた値段。

「今申し込んで貰えれば〇〇円にします」という感じで言われましたが、即決するには高かったので、やめておきました。

 

2件目の見積もり

2件目の見積りは大手B。営業マンはフレンドリーな若い方でした。

同じ地域なのでやはりお客さんも被るらしく、Aの営業マンの方もご存じでした。

特に値下げ交渉をした訳ではありませんが…。1件目より約1万円ほど安い値段。

(お互いの相場を知ってるからこそ、1件目提示されたであろう金額より安く提示したんだろうと思います)

それが私たちの引っ越しで考えてた費用よりも安かったのと、出来れば大手がいいと思っていたこと・営業マンがフレンドリーwだったのと、GW開け5月半ばに引っ越し出来るのでここに決めてしまいました。

 

話しやすい方だったので、我が家の荷物がどれくらいの量になるか(4tトラック1台分でした)なども教えて貰いました。

 

本当は地域の引っ越し会社も見積りお願いしたかったんですけどね。

大きな引っ越し会社の言葉の感じだと、地域の小さな引っ越し会社は最初からライバルにもなっていない感じでした。

 

我が家の場合は上にも書いた通り地域の引っ越し会社はGW開けの見積りになってしまったこともあり、引っ越しもずれ込んでしまう…と思うと、このまま早くに引っ越しも出来る大手Bに決めてしまいました。

 

スポンサーリンク

利用したのは引っ越しのサカイ、実際にかかった費用は6万円

上では大手Bとぼかしていますが…名前を言ってしまうと引っ越しのサカイです。

今ネットで検索して知ったけど、このトミカ廃版になったんですね。引っ越しで利用したこともあり、子どもに2台買って持ってます。笑

 

私の以上の条件で実際引っ越しにかかった費用は、6万円ほどでした。

 

同じく大手の別会社に勤める知人曰く、これは最安値ではないとのこと。「最安は5万円くらいかな。身内割引もちょっと入っているけど」という感じでした。

値下げ交渉次第ではまだ下がるらしいです。

なので交渉に自信のある方は、交渉してみるのもありだと思います。

 

我が家は交渉が苦手なので今回はこの値段でお願いしましたが、作業員さんたちも物を壊したりはなくしっかりやってくれたし、満足しています。

 

スポンサーリンク

最後に

我が家が引っ越し見積りを取った流れと、その業者に決めたきっかけ・引っ越しにかかった料金はこんな感じでした。

 

今回のことでわかったこと。

●見積もりはやはり2件以上取った方が、向こうが勝手に競って安い値段を提示してくれるので、交渉下手でも引っ越し料金が安めになる可能性があること。

●大手以外の引っ越し会社だともっと安くなる可能性はあるけれど、余裕を持っていないと見積もり予約が取りにくい可能性があること。

●繁忙期を避けた月の半ば、平日の月~木、午前便より午後便の方が安くなる

こんな感じでした。

 

これから引っ越しを考えている人の参考になれば嬉しいです。

 

タイトルとURLをコピーしました