【避妊手術】私が卵管結紮術を受けた理由。きっかけと覚悟。

┗妊娠・出産
┗妊娠・出産
スポンサーリンク

3人目出産後、卵管結紮術を受ける…?

私は3人の子供を帝王切開で出産しています。

そして、3人目の子供の帝王切開での出産時に避妊手術である「卵管結紮術」を受けました。

 

今日は「卵管結紮術」を受けるかどうか悩んで、受けると決意するまでの話です。

 

卵管結紮術って何?

2人目を出産した時から、先生に言われていたのが

「卵管結紮術」を受けますか?

というもの。

 

卵管結紮(けっさく)術とは…
卵管をしばることで、卵子と精子の出会いをさまたげ受精できないようにすること。避妊の1種。

 

というのも、帝王切開だと出産は3人が限度。

最近は「4人まで」とか「それ以上も」という所もあるみたいですが…。

手術回数が増える程癒着や出血量が増えるので、体のことを考えるとおすすめは出来ないみたい。

 

なので、産後の避妊方法の一つとしてこの卵管結紮術があるんですね。

(帝王切開だと手術のついでに出来るそうです。費用は病院によって違いますが、数万~。私の病院は7・8万ほどとのことでした。かかる時間は15分程らしいです。)

 

我が家の場合「3人目があるかもしれない」とうっすら考えていたので、2人目の時は受けませんでした。

 

だけど3人目を妊娠して、もうすぐ出産。

卵管結紮術を受けるかどうか、真面目に考えなくてはいけなくなりました。

 

スポンサーリンク

なかなか卵管結紮術に踏み切れない…

頭ではわかってるんです。

帝王切開は既に2回経験済み。

私の場合帝王切開だけでなく、虫垂腹膜炎(盲腸が破裂)の経験もあるので今まで3回お腹を切ってます。

なので今回は4回目の開腹手術。

お腹を切る度に癒着や出血が酷くなるということなので、自分の身体のことを考えるともう妊娠はしない方がいい。

 

金銭面的にも、私が大した資格もない無職+旦那一本柱の我が家では3人が限界。

3人目を産んだ後、時間を開けて次の子どもを作るとなると私も次は確実に高齢出産。旦那は「高齢出産になる年齢になったら妊活は止めよう」と言っている人。(※高齢出産だと子供の障害の可能性が上がるので旦那は避けたいようです。旦那の場合は、身内に障がい者がいるので現実的に思う所があるんだと思います。)

また、旦那は私の体的にも4人目は考えないと思います。私の体を一番に気にしてくれる人なので。

育児の手的にも、2人でそれなりに大変なのが3人になるのすら未知数なのに、4人育児なんて想像できません。

 

そんな風に、産めない理由は沢山あります。

というか、産めない理由しかないんです。

 

それなのに、もう産めないと思うと辛くなってしまう…。

 

だって子供は可愛い。息子も娘も可愛い。

多少発達の遅れはあっても、わがままでも、自分の子供は可愛い。

産めるのなら何人だって産みたい。

憧れの姉妹を持ちたかった気持ちもまだある。

今すぐは無理でも、上の子に手がかからなくなった5年後位にまた出産出来たりしないのかな、とか。

どれも自分のエゴなんですが。

 

ずーっと、そんな感じで自分の気持ちと折り合いがつかずに妊娠後期まで来ました。

 

「もう産めない」から辛くなるのであって、もし私が普通分娩で「まだ産める」けど「もう産まない」となると4人目なんて考えないのかもしれないですが。

 

スポンサーリンク

卵管結紮術を受ける覚悟を決める

結局背中を押したのは、妊娠中のトラブル

結局、そんな私の背中を押したのは妊娠中のトラブルでした。

3人目の妊娠は、高血圧→妊娠糖尿病→切迫早産と色々ありました。こんなにトラブルが出てきたのは、3人目にして初めてです。

 

上に書いた通り、今はまだぎりぎり高齢出産ではないけれど、次産むとしたら確実に高齢出産。

今回はどのトラブルもそこまで酷くなかったものの、次は酷くなる可能性が高い。

子供3人抱えてトラブルに対応できるか??

まだ3人目が健常児かもわからないし…。

 

もうこんなに不安で辛い妊娠生活を送りたくない気持ちも大きい。

結局自分の都合ですが。

 

そしてもし私が4人目出産と引き換えに死んでしまったり、体に障害が残ったら子供たちはどうなるのか?

私は可愛い子供たちともう会えなくなる。成長ももう見れなくなるし、子供も母親がいないことで苦労が増えるかもしれない。

 

後は手術前の恐怖心もあります。出産の時の痛みって、帝王切開であろうと産んだら忘れちゃうんですよね。だから3人目も作れてしまった。

だけど今は出産前なので、帝王切開や麻酔の説明を受けたりして、また出産に対する恐怖心が沸いてきています。

それも卵管結紮術に踏み切れた理由の一つなのかな。

 

私は、3人目出産時に「卵管結紮術」を受ける覚悟を決めました。

 

スポンサーリンク

最後に

私が卵管結紮術を受けることに決めた理由はこんな感じでした。

だって、これを受けたら私はもう一生妊娠できなくなる。

 

今は無事卵管結紮術を受け終えています。

少し後悔している部分もありますが、自分の身体のことを考えると良かったんだと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました