妊娠して、つわりが本格到来する前にやっておきたいこと【つわりの準備】

┗妊娠・出産
┗妊娠・出産
スポンサーリンク

妊娠した!つわりが本格的にやってくる前にしておきたいこと

妊娠したら

  • 病院での診察
  • 届け出をし、母子手帳を受け取る

と事務的な手続きをする必要があります。

 

…が。今回は事務的なことではなく、妊娠をした後にやってくる「つわり」に備えて、妊娠がわかってからやっておけばよかったことや、私がやっておいて良かったことをまとめてみました。

 

トイレ掃除

つわりが始まるとトイレとお友達になる人が多いんじゃないでしょうか。

そんな時、汚いトイレだとやっぱり辛い。キレイなトイレとお友達になりたい…!

なのでこれからの相棒となるかもしれないトイレを、つわり前にキレイにしておくのがおすすめです。

 

いざつわりが始まってからだと、トイレのにおいも辛いし掃除の体勢もしんどいので…。

 

掃除

トイレ掃除以外にも、部屋や水回りはピカピカにしておくことをおすすめします。

つわり中は洗剤の臭いも体勢も辛くてなかなか掃除できないし、したくないので。

汚れてくると結構ストレスになっちゃうんですよね。

個人的にしておけばよかったのは冷蔵庫。冷蔵庫を開けると臭う、あの独特な臭いがつわり中辛かったです。

 

冷凍食品ストック

旦那さんの食事や、上の子供の食事を冷凍ストックしておくのもおすすめ。

つわり中ご飯の用意が気持ち悪くてできない時は、さっと出来るストック食品が役立ちます。

私は2人目妊娠時うどんの具材を小分けして冷凍しておいて、その小分けの具材+冷凍うどんで簡単うどんをよく上の子のご飯に出していました。

 

食品の買いだめ

これも上と同じ理由ですね。自分が気持ち悪い時に食べられそうな物や、旦那や子供の食材などを買い込んでおきます。

旦那一人なら適当に外食してきて貰えばいいんですが、子供がいるとそういう訳にもいかないので…。

私は旦那や子供にはレトルト食品やカップラーメン系。自分用には一口ゼリーやスポーツ飲料、キャンディーを大量に用意しておきました。

因みに私はつわり中、一人目の時炭酸水+レモン、2人目はコンビニの冷たいエビマヨおにぎりが大好きでそればかり食べてました。また、キャンディーが胃のむかつきを消すのに大活躍でした。

 

私は冷凍物のご飯・惣菜なんかも買い込んでいました。

チンするだけで子供のご飯として出せるのでよかったです。

 

洗濯・衣替え

後回しにしていた大物の洗濯や衣替え。これも進めておきました。

妊娠中は洗剤の臭いも辛くなるし、洗濯物を持って移動するのも大変。

急に寒くor暑くなって、体調が悪いのに衣替えをする…というのはしんどいので、早めに衣替えをしておきました。

(また急に暑くor寒く戻った時に困るので、完全に交換する訳ではなく次の季節の物を出しておく感じです)

 

子供の預け先の確保

上の子がいる場合はしておいた方が良いです!!

妊娠中は何があるかわかりません。つわりが酷くて上の子の相手が出来ないこともあります。

健診に行って急遽入院になることもあるかもしれません。

そんな時、子供を預けられる施設(預かり保育・ベビーシッター・ファミリーサポートなど)があれば助かります。

 

ただ、これらの施設は急に何かあって預かって欲しい!となってもすぐに預けられる物ではありません。登録や面談、お試し保育が必要な所もあります。

何もなく、使わずに済んだらそれはそれでいいんですけど、万一のことを考えて登録だけはしておくといいと思います。

 

ゆったりした洋服の準備

普段ぴったり目の洋服メインで生活していると、つわり中はしめつけが苦しくなったりします。

なので服は勿論、肌着なんかも身に着ける物は全てゆったりしている物を用意しておいた方がいいです。

マタニティ用の服や肌着を買っておくのもいいし、あまりマタニティ物を買いたくない方は大きめのゆったりした肌着やワンピースでいいと思います。

 

私はゆったりしたワンピース+ブラトップを愛用してました。

個人的にブラトップが楽すぎて、産後の授乳中にもかなりヘビロテしましたし、何なら授乳が終わった後もやめられませんでした…!(笑)

 

スポンサーリンク

つわりを乗り切るために、準備はしっかりと

妊娠がわかってから、つわりが本格到来するまでには少しだけ時間があります。

(つわりから妊娠がわかることもあるかもしれませんが…)

 

本格的なつわりになる前に是非万全の準備をして、辛いつわりを乗り越えましょう…!

 

タイトルとURLをコピーしました